コンサート

湯あみの島・新川二朗ショウを観に行きました。

湯あみの島に新川二朗ショウを観に行きました。

新川二朗は石川県の出身で八百屋の長男だったが、歌手になりたく金沢のヘルスセンターで歌っていた頃、村田英雄に声を掛けられた。北島三郎ともデビューの頃から親しい。

一曲目は大ヒット曲「東京の灯よいつまでも」を歌った。

『東京の灯よいつまでも』♪

雨の外苑 夜霧の日比谷

今もこの目に やさしく浮かぶ

君はどうして いるだろうか

あゝ 東京の灯よ いつまでも~♪

オリンピックで歌うべき!

この「東京の灯よいつまでも」は昭和39年の東京オリンピックにヒットした曲。ということは

2020(2021)東京オリンピックでも歌うべきである!

もう開会式・閉会式両方で新国立競技場で歌ってもらいましょう!歌うべきです!

いとし羽田の あのロビー~♪
あゝ東京の灯よいつまでも~♪ (3番の歌詞)

続いてデビュー曲「君を慕いて」「真赤な地平線」「東京からふるさとへ」「望郷」「指切りの街」「夫婦桜」すぎもとまさと「吾亦紅」北島三郎「なみだ船」「風雪ながれ旅」を歌った。

最後は「泣かせ酒」童謡「故郷」を歌ってショウは終了。

歌手生活60周年を迎えた新川二朗。なんと81歳!年齢からは想像できない素晴らしい歌を披露してくれた。ぜひとも2020東京オリンピック新国立競技場での歌う姿を見てみたい。

これからも益々のご活躍をお祈り申し上げます。