コンサート

湯あみの島・畑中葉子ショウを観に行きました。

湯あみの島に畑中葉子ショウを観に行きました。

私が思う畑中葉子といえば、平尾昌晃とのデュエット曲「カナダからの手紙」「後から前から」そしてヌード写真集、日活ロマンポルノを思い出す。一時、結婚・子育てで活動休止していた。

ショウの始まり

始まり一曲目は、ヒット曲「カナダからの手紙」でスタート。1978年の曲なんだね。ちなみに畑中葉子は平尾昌晃音楽学校の出身だ。

『カナダからの手紙』♪

ラブ・レター・フロム・カナダ もしもあなたが一緒に居たら

どんなに楽しい旅でしょう ラブ・レター・フロム・カナダ

色づく街を歩いていると 涙がほほにこぼれてきます

あなたの声を想い出して カナダの夕陽見つめています

息が止まるようなくちづけを どうぞ私に投げてください

ラブ・レター・フロム・カナダ あなたの居ないひとり旅です

※作曲はもちろん、平尾昌晃

続いて「ロミオとジュリエット’79」弘田三枝子の「人形の家」森山加代子「白い蝶のサンバ」小柳ルミ子「京のにわか雨」そして最後は「後から前から」

現在60歳、声も良く出ていて歌もうまい。これからも活躍して欲しい。