お買物

ラグジュアリーダウンを買うなら・・・。

いきなりだが、私はダウンが好きだ。 私の場合、アウターと言えばダウンなのだ! これはね、好きを通り越して、自分ではフェチだと思っている。

「ダウンフェチ・・・。」

こんなとこで、カミングアウト?(笑)するほどの内容ではないが、でも少なからず「ダウンフェチ」はこの世に存在しているらしい・・・。

さて、そんなダウンフェチの私がいつもお世話になっている南青山エリア。ここに来れば大体のラグジュアリーダウンに出会える。

高級ダウンが揃う南青山

「 MONCLER」(モンクレール)

トップバッターは、ラグジュアリーダウンの代表。 「 MONCLER」↑いつも、店の前を通って思うのだが、消火栓の看板なんとかならないのかなぁ~

私も欲しくって、「いつかはモンクレール」と思っていたが、値段が高くて未だに買えてない。というか、ここ最近すごく値段上がってるし、ますます買えない。私の住んでいる地方でもかなりの率で着ている人に遭遇するけど、こんな事言っちゃぁいけないけど、一部着こなし方があまりよろしくない方々がいるようで・・・。だから、値段がどうこうよりも私の中で一部印象の良くないモンクレールのイメージがついてしまった。

それから、ユニクロのウルトラライトダウンほどの被り率ではないけど、普及しすぎ感があるね。本物か偽物か分からないけど(なんで、あんな若造が着てる? こういうところ含めてイメージが良くない)みんな着ているので他人と被る率高し!

もう、ユニクロのウルトラライトダウンは国民的制服と思って着れば、人と被っても恥ずかしくはない。私も持ってるし。(インナーに着てます)モンクレールもユニクロ並みに普及して国民的制服になれば全て良しになるか?

ここ南青山のモンクレールのお店、外観は間口が広くて大きく見えるけど奥行きが無く店内は広くない。狭小店舗に近い。 地下と2階にも売り場があり、狭い急な階段で行き来しないといけない。 店内は日本人もまあいるけど、それ以上に中国人でいっぱい。ただでさえ、狭い店内なのにすれ違うのも精一杯。ゆったりとは買い物出来ない。

個人的に値段は頂けないが、やはり着ると相当暖かく動きやすいそうだ。(私、持ってないので分かりませんが) なので、ここは一発「最高級のダウン買うぞ~」という人、もしくは「欲しいけど、どれにしたらいいか迷ってる」人にオススメ出来るブランドです。

もっと言えば、「モンクレール買っとけば間違えありません!」 

時計で言えば、ロレックスのデイトナ・サブマリーナみたいなもんです! モンクレールだったら、まあまあの値段で買取ってくれます。出口あります!

さすがラグジュアリーダウンの王様。

 

DUVETICA(デュベティカ)

私も5、6年前にユナイテッドアローズで2着ほど購入したが、クローゼットの整理と同時に売ってしまった。買取価格は二束三文ということはなかったが、かなり低い値段だったと記憶している。(モンクレールだったら、もっと良かったハズ!)

ここ最近、ひと昔ほどの勢いがない感じがするが、5、6年前まではダウンといえば、モンクレールかデュべティカという感じだった。特にセレクトショップは押していたし、お得意の別注モデルもあったね。

私も売ってしまって言うのもあれだけど、デュベティカ長く着られるいいブランドだと思います。デザインもいい意味で普通だけど安っぽくなく、暖かくて値段も適正かなと思います。どちらかというとラグジュアリーというよりは、カジュアルな方向かな。

ただ、ダウンの厚みがあるのでクローゼットの場所はとります。

 

TATRAS(タトラス)

各セレクトショップが数年前からイチオシしてるせいか、ここ最近定番化しつつあるブランド・タトラス。タトラスというブランドは、2006年に生まれた若いブランドでイタリア・ポーランド・日本の三ヵ国のコーポレートブランドでスタートした。なんか三国同盟みたい。

確かに、デザインも質も悪くない。あと、タトラスの一番の売りは値段が手頃だというところだと思う。8~12万台のラインナップを軸に置いている感じなので、初めてラグジュアリーダウンを買う人にお勧めできるブランドだと思います。

 

HERNO(ヘルノ)

お待たせしました、私オススメのラグジュアリーブランド・ヘルノ。

ラグジュアリーダウンの王様といえば、モンクレールになると思うが、個人的にはヘルノの方がいいと思っている。モンクレールはどっちかというと、少しカジュアル方向のラグジュアリーでヘルノはエレガント方向のラグジュアリーという感じだ。 好みは分かれますが・・・。

モンクレールはオーバースペック気味なところがあって、(数年前から人気のカナダグースもそう)確かに暖かいのだが室内に入った時、特に都心の満員電車に乗った日にはもう暑くて大変だと言う。これね、着ている人も汗かきかきで大変だと思うけど、意外に周りにも迷惑かけるんだよね。見た目がモコッとしたボリュームのある形なので、電車の座席なんか座った日には1.2倍、体の大きい人だと1.5倍のスペースを使ってるもんね。アナウンスで「なるべく多くの方が座れるよう、座席は詰めてお座りください。」と言われても無理だよ。

ヘルノの場合、あまりそういうことはない。正直、めちゃくちゃ暖かいということはないが、軽くて・薄くて、そういうこともあってかデザインがとっても豊富だし洗練されている。特にレディースの方は、毎シーズン素晴らしい出来上がりだ。メンズもスーツの上から着ても違和感ない。たまに、スーツの上にアウトドアブランドのダウンを着ている人いるけど、どうなのかしら・・・?

あとヘルノで気に入っているのが、色と素材である。これは他のラグジュアリーブランドより、一枚も二枚も上手である特に色は豊富なことはもちろん、赤・青みたいな原色や黒・グレー・ブラウンなどのダークカラーも色の仕上がり発色がいいのである。もちろんカシミヤ・ウール・ナイロンなどのいい素材があってのことだ。

特に女性などは、「あのモコモコしたのが嫌いとか、太って見えるからイヤ!などダウンが苦手な人でも納得して着られるブランドだと思います。むしろモンクレールよりもヘルノの方が日常的に着れると思います。 どうもモンクレールは・・・。という人や、どうもカジュアルぽいのは・・・。という人にお勧めできるブランドです。

 

他にも、ラグジュアリーダウンといわれるブランドがありますが、ここでは私が気になる・オススメしたいラグジュアリーダウンを紹介しました。

下手な紹介ですみません(-_-;)

最後に、アウターはいいものを買っておいた方が絶対いいです。