その他

食中毒「カンピロバクター」にご注意!

広島へ一緒に旅行に行った知り合いと、旅行の振り返りとその代金を私が肩代わりしているので徴収もかねて食事する事になった。

巷は、あの10連休GWの真っ只中!飲食店は空いているだろうと駅前の店を探していたら、どこの店も満員。「皆、意外に旅行とか行かずに近場で済ましているのかしら?」その方が正解だ。

焼き鳥屋に決定!

そうして探していると、一軒だけ空いている焼き鳥屋があったので入ると誰もいなかった。早速、メニューを見ると「店のおすすめ!レア焼きメニュー」というのが目に入った。見ると3種類あって、肝と他の2種類は内蔵系だった(部位の名前覚えてない)とりあえず、3種類全部注文しその間、知り合いと広島旅行の話と代金を徴収した。すると、注文したレア焼きが来た。見ると、確かにレア(生焼け)状態だった。食べてみると口当たりがよく、柔らかくて味は良かった。知り合いも、「うまそうだな!」ということで同じものを追加で私も、もう3本追加した。そして、いい時間になったので会計して知り合いとさよならした。

この店で食べた内容。

レア焼き・私6本 知り合い3本  その他、つまみ2~3点

人生で始めての食中毒

あれから3日後、朝起きるとなんか体がだるい。昼頃になると熱っぽくなり、関節が痛くなりさらに体がだるく、なんかお腹の調子も良くない。「あれ、風邪引いたか?」と思い、とりあえず市販の風邪薬を飲み1日様子を見た。

やたらと喉が渇く

次の日、熱、関節、お腹、体もだるくさらに悪化。そして、やたらと喉が渇く。水やお茶を飲んでもすぐに口が渇く。「何かおかしい?」私の場合、風邪ならほとんどと言っていいほど喉から来る。ただ今回は、喉も痛くないし鼻もなんともない。さすがに「これは、おかしい!」と思い、素人診断ではあるがネットで調べてみた。

カンピロバクターかも・・・。

お腹がひどく痛かったので、とりあえず「胃腸風邪」で検索、調べてみると胃腸風邪というのは、鼻・喉からくる風邪ではなく細菌・ウイルス性の腸炎「カンピロバクター」「ノロウイルス」と呼ばれるのが代表だそうで症状が発熱・関節痛など風邪の症状に似ているので胃腸風邪と言うらしい。 あと普通の風邪と違うのは、吐き気・下痢があるということ。吐き気・下痢で始まる風邪はないとの事。

「てっきり、風邪の一種だと思ってた」

さらに調べてみると、「カンピロバクター」の感染源は生の鶏肉やレバー、ユッケ、馬刺しなどで、特に鳥の内臓肉、レバーが大半だそうだ。ちなみに「ノロウイルス」は、生かきに多いそうだ。

「ちょっと待てよ、3日前に焼き鳥屋でレアの肝を食べたぞ!」

症状も全て当てはまる。これは、もしかして・・・。

「カンピロバクターだ!」

素人診断だが、ほぼ間違いないだろう。そう、人生で初めて食中毒にかかってしまった。

すぐに、知り合いに電話して何ともないか聞いたら「なんともないよ~」だって。いやはや鉄人だ。あのレア焼き、私は6本、知り合いは3本食べた。3本の差が分かれ道だっだのか?

水分を取って、とにかく出す。

また、さらに調べて見ると残念ながらこれといった薬はなく、自然治癒力で治すしかないそうで潜伏期間は一週間ほど。よっぽど酷いと抗生物質などで治療をするらしい。とにかく水飲んで下痢で、どんどん出すしかない。下痢止めは飲まない方がいいそう。

前半3日間は、お腹が痛いし下痢あったのだが、それよりも熱、関節痛でとにかく体がだるくて喉が渇いた。後半3日間は、熱も関節痛も和らいだのだが今度は、お腹が痛いのと下痢が酷く続いた。でも、熱、関節痛、体がだるいのが治まっただけでも、かなり楽になった。

後は、ひたすら水と経口補水液を飲んでトイレで出すを繰り返した。7日目ぐらいには、お腹痛いのも下痢も治って普通に戻っていった。

念のため、病院に行ったが・・・。

周りからは、念のため病院に行った方がいいと言われ、病院の先生に時系列で説明をして、すでに体調が良くなっていることも伝えた。すると、病院の先生

「カンピロバクターかもしれませんね。今は何ともないんですね。念のため整腸剤出しときますから、お大事に!」

で診察終了。

私もカンピロバクターだと思うよ・・・。(-_-;)

診察が終わり椅子に座って会計を待っていると、さっきの先生が私の所へ来た。

「おそらく問題ないと思いますが、低い確率でカンピロバクターが原因で「ギラン・バレー症候群」を併発恐れがありますので、その時はまた来てください」

「・・・。」(-_-;)

「診察の時に言ってよ!」

これも先にネットで調べて知っていたけどね。先生、大丈夫かな?

カンピロバクターは怖い!「ギラン・バレー症候群」

この「カンピロバクター」ここ最近すごく増えているそうで、理由は簡単で焼肉やバーベキューのなどの加熱不足、よく焼いていないのが主な原因だそう。普段から豚はよく焼けとか、生ガキや貝類もあたると酷いと聞いていたので気を付けていたし、そんなに食べる機会もなかったがユッケやレバ刺しなど生肉を食べても、あたることがなかったんだけどなぁ~。まさか、鶏肉の肝であたるとは!

さらに怖いのは、確率は低いが「ギラン・バレー症候群」を併発することがあり国内の「ギラン・バレー症候群」の約40%が「カンピロバクター」が原因と考えられているそうで、「カンピロバクター」による「ギラン・バレー症候群」は重症化しやすい傾向があり、実はとっても怖いのである。

※ギラン・バレー症候群・末梢神経が攻撃され、主に手足などの筋力が低下する。

まぁ~とんでもないGWでしたが、今思えばあのお店だけ、お客さん誰も居なくて空いていたのもなんか怪しいし、肝のレア焼きという物をメニューに載せているのもいかがなものだろうか。だけども、その店を選んだのも肝のレア焼きを注文したのもすべて私の不注意だ。

「カンピロバクター」は加熱すれば死滅します。なので、これからは鶏肉や他のお肉もよく焼く、焼いたものを食べましょう。よく焼けば全然問題ないです。

人類は、火を使うことで進化したのだから・・・。