新型FITを見に行きました

先日、新型FITに試乗してきました。実は、少し前にディーラーへ見に行って試乗と見積もりをお願いしようとしたのだが、絶賛決算セール中でしかも祝日ということもあり、お店はお客さんで大忙しだった。なんと、その日に真っ赤な新型FITの納車式をやっていて、店長さんに聞くと去年オーダー頂いたお客さんだそう。実車を見ずに購入かぁ~すごいねぇ~。とりあえずこの日はカタログだけ貰って帰ってきた。

そして、改めて平日にディーラーへ訪問。お店は空いていたが、担当営業さん会議中だそうで、受付のお姉さん

「よかったら、お一人で試乗してもらっていいですよ」

と言ってくれたので、遠慮なく試乗させてもらった。

外装

新型FITは、去年の東京モーターショーで見ているが、こんなに近くでじっくり見れなかったのでなんか初めて見る感じだ。第一印象は、いい意味で先祖返りした印象。デザインについては、それぞれ好みがありますが私は良いと思います。少なくとも先代のダンゴ虫見たいなデザインよりかは良いと思います。

ここ最近のゴテゴテ、ギラギラ、お口が「ポカァ~ン」ではなくてシンプル、クリーンで全体的にスッキリしたデザインです。今のデザイントレンドとは違いますが、むしろ新鮮な感じがします。



新型FITのイメージは柴犬だそう。ちなみにヤリスは黒豆。2つ合わせたら豆柴か?

内装

内装も外装同様、スッキリしたデザインで安っぽく無くて質感も◎Bセグメントの中では群を抜いていると思います。懐かしい2スポークのステアリングは革巻きで触り心地が良い。


そして、今回の新型FITで気に入っているアイテムの1つが、7インチのTFT液晶メーターでメーターバイザーが無くてもアンチリフレクション加工することで、しっかりと表示確認出来るようになっている。しかも液晶メーターの表面には保護レンズも無い。

ホンダコネクト対応9インチナビ

新設計のシートは、厚みを30㎜増すことで座り心地も良くなり、リアシートにはセンターアームレストが装備されている。


後席はこのクラスにしては広い

フロントドア

リアドア

フタがソフトパッドのグローブボックス


ラゲッジスペース


機能・装備

プラットフォームはキャリーオーバー。キャリーオーバーと言っても、サイドシル、リヤピラー、リアサスペンションなどは剛性強化されている。エンジンは、1.3Lガソリンと1.5Lハイブリッドの2本立て。ハイブリッドは、基本インサイトと同じ2モーターのシステムだが、それを小型化してe:HEVという名称になった。

全車にホンダセンシング(安全支援)電動パーキング&ブレーキホールドが標準装備されている。もちろん、追従・停止保持のクルーズコントロールも装備。

更に気になる装備

新型FITから「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」というサービスがスタートした。簡単に言うと、車内のSOSボタンを押すとコールセンターに繋がったり、スマートフォンからリモート操作が出来るという物。ただ、この「ホンダコネクト」MOPでホンダコネクト・ナビパッケージとDOPで純正ナビを装着する事と申し込みから1年間は無料で終了後は月額550円、追加OPの「ALSOK駆けつけサービス」は330円かかる。

例えば事故にあった時、警察や救急車などを手配してくれたりALSOKが駆けつけてくれたり(OP)あおり運転などの緊急時には警察へ手配してくれる。

リモート操作では、ドアロックのし忘れやライトの消し忘れなどを教えてくれ操作が出来る。そして私がイチバン便利そうだなと思ったのは、エアコンの作動が出来るのである。これなら車に乗る前にリモート操作でエアコンを作動させれば、夏の暑い時期でも車内は快適である。ただ気になるのは、エアコンって結構電気使うんですよね。バッテリー上りが気になります。この手の装備はトヨタ・プリウスPHVや日産リーフにもあるが、この2台は大きなバッテリーを搭載している。FITのハイブリッドはまだ分かるのですが、ガソリン車はどうするんでしょう?

個人的に気になったので、カタログや雑誌など見ましたが「ホンダコネクト」でエアコンのリモート操作が出来るというのは書いてあるのだが、それ以上詳しい内容は書いてなくディーラーの担当営業さんに聞いても知らないと言われてしまった。というかリモート操作でエアコンが作動出来る事すら知らなかったそう。

担当営業さん、勉強不足ですぞ!

という事で、こうなるとますます気になってくる。

もう、ホンダお客様相談室に電話するしかない!

ていうか、こんなバッテリー上りを気にする人いないのかな?

いやぁ~気になるでしょう。

念の為、お客様相談室に電話する前にもう一度ホンダのHPで調べたら分かりましたよ!



 

ハイブリッド、ガソリン車ともにエアコンを作動させるとエンジンがかかるそう。

ハイブリッドもエンジンがかかるのね。但し10分間の作動のみ。(ハイブリッドは最大20分)という事はDOPのリモコンエンジンスターターは要らないのか?

無事、解決!納得しました。

しかし、雑誌書いてる人も気にならなかったのかなぁ~。ホンダも注意書きでもいいから、カタログにも記載した方が良いと思う内容だと思いますが・・・。

 

試乗

早速、試乗。試乗したのは「HOME」e:HEV 色はシャイニンググレーメタリック

まず最初にビックリしたのは、ディーラーから道路へ出ようと左へウインカーを出したら、そのウインカーの音(リレー音)がなんともショボイというか安っぽい。なんか乾いた「カチカチ」音。これにはズッコケタ!

噂の通り、細いAピラーとフラットなダッシュボードのおかげで左右前方視界がすこぶる良い。ワンランク上の車を運転している感じだ。ただ気になるのは、フロントスクリーンが広いのは良いのだが、上部まで広がっているので夏の暑い日なんか心配かな?というのも、私の母親が2代目のFITを乗っていて(まだ乗っている)2代目もフロントガラスの上部が広いため日差しが強い日になると、日焼けが気になるそう(日焼けが気になる年齢でもないのだが・・・。)なので運転するときは、ちょっとした変装で帽子、サングラス、アームカバー、首にもなんか巻いてますわ!(笑)タントやN-BOXなどのハイトワゴンには絶対乗れないと言っている。確かにグリーンハウス凄いもんね。走る温室だもの。この辺は他の女性ユーザーから意見が出てないのかしら?

走りの方は凄く期待してたのだが、驚きというか感動というか「おっ!」というものが無かったんです。正直、もっとモーター感があるのかな?と思ったんですが・・・。意外に普通でした。(あくまでも個人の感想です)

あと気になったのは走行時の音です。もう少し遮音性能を高めた方が良いと思います。1.3Lのガソリン車だともっと気になるかも?

私が買うなら・・・。

恒例の私が買うなら・・・。ですが、今度の新型FITはシンプルなグレード構成で「LUXE」「CROSSTAR」「NESS」「HOME」「BASIC」でそれぞれハイブリッド・4WDを用意。そしてその中から今回は2台に絞りました。

※今回、ディーラーから見積もりを貰ってないのでホンダのサイトより出しました。

1台目は「HOME」e:HEVです。

車両本体価格2,117,500円(税込)これにMOPホンダコネクトナビ装着パッケージとDOPホンダコネクト対応の9インチナビにETCを装着して

総額2,563,204円

ん~ざっと250万円かぁ~正直、高いな。

でも全グレードの中でイチバン売れるグレードだと思います。

ただし、ハイブリッド限定です。その下のグレード「BASIC」のハイブリッドと価格を比べると約7万円ぐらいしか変わらない。その7万円の差で革巻きステアリング&シフトレバー、USBジャック2個(急速充電)リヤシートにセンターアームレストなどの装備が付くので「HOME」のが良いと思います。

不思議な事に、ガソリンの「HOME」にはこれらの装備が付かないのよね。何で?

 

2台目は「BASIC」ガソリンです。


車両本体価格1,557,600円(税込)ナビもETC何も装着せず

総額1,707,710円

このグレード、お買い得だと思います。私のイチオシ!

この「BASIC」それこそLEDヘッドライト、オートA/Cなどは装備されないが(別にハロゲンでもマニュアルA/Cでも全然問題ない)電動パーキング&ブレーキホールド、追従・停止保持のクルーズコントロールなどが装備されている。

そんなに距離乗らなければ、ガソリン車でも燃費もいいし十分だと思います。

また、このグレードの買い方としてなるべくMOP・DOPを抑えて(カーショップなどで購入)買うのが良いと思うし、面白いと思います。どうしてもLEDヘッドライトが欲しいと言う人は、いっそ1つ上のグレード「HOME」を買った方が良いです。

 

総括

この新型FIT、ハイブリッドエンジンは新しくなりましたが、プラットフォーム、1.3Lエンジンはキャリーオーバーでのデビューで、正直走りの印象は普通の印象を受けました。確かに何か物足りなさを感じるかもしれません。でも、この普通ってのが大事で一番難しいと思うんですよね。少なくとも悪い印象は無いのですから・・・。

あえて言うと、もう少し加速感があると新しさをもっと訴えられたかもしれませんね。

ただ、それ以外の「見て、触って、座って」の心地よさ、快適さは凄く良く出来ていると思います。ウインカーの音は要改善です。

ただ心配な点が無いとも言えず、先代のFITが発売直後、変速機などの不具合で何度もリコールを出しホンダのブランドイメージが低下した。そして、この新型FITも本来なら去年の10月頃発売予定だったが、電動パーキングの不具合で発売がずれ込んだ。これによりリヤブレーキがドラムからディスクに変更になった。一部ではディスクになってバンザイの声が聞かれるが、ドラムのが良く効くからね!このサイズの車であればリアなんかドラムブレーキで十分。軽くて安価だしね。おそらくこの辺りは、マイナーチェンジでドラムブレーキになる可能性がありそう。明らかにコスト高だからね。

新型FITは発売前に不具合を改善して、もう先代の見たいな不具合の連発は無いと思いますが・・・。新型FITの購入を考えている人は、悩みどころでしょう。

母親の2代目FITも車検まで1年ありますが、CVTのギクシャク感だけ除けば特に不満なし!2代目のCVTも出来が悪く、ディーラーに相談しても「こういうもんなんで・・・。」と言われそのまま乗っている。どうも2代目FITのCVTは全部そうみたい。母親でも気づくぐらいの症状だからよっぽどです。ちなみに私は、一発で分かりました。停止する直前が特に良くない。あと、塗装が弱いのかソリッドの赤色が悪かったのか色が褪せてきて、樹脂の部分なんか剥がれてきて汚いのです。あとは、最新の安全装備・支援が付いてないのも心配です。

とりあえず車検の時期、1年もすれば不具合が出し尽くされている事でしょう。新型FITに買い替えるかどうか分かりませんが、タイミングとしては良い感じだと思うのですが・・・。

購入を考えている人は、もう少し様子見ても良いかもしれませんね。

今度の新型FIT完成度高くおすすめ出来る1台です。その分、車両価格が高いのが気になりますが・・・。