株主総会

トヨタ自動車・株主総会行ってきました。

6月13日 トヨタ自動車の株主総会に行ってきた。前回は、東京へ別の株主総会へ行ったので1年ぶりに参加する。

トヨタというぐらいなので本社は愛知県豊田市にあり、そこで株主総会は開かれるのだが、毎回駐車場が満車になるので私は最寄りの駅よりシャトルバスで行く事にしている。

8:50 駅に到着。

この通り、行列が!

普段なら駅から本社まで15分もあれば着くが、この日は40分ぐらい掛かった。開始20分前ぐらいに着いたが、すでに第3会場へ案内されてしまった。今回は、生の役員の顔見れないのね。

過去最高の出席株主数

こんなの初めてだわ。いつもはメインの第1会場だったのに・・・。

↓メインの第1会場。本社棟

それもそのはず、今年の出席株主数は過去最高の5546人だったそうだ。

会場は、予備会場含め5会場まで用意されていた。

会場に着き、お土産とお茶を頂いて中へ入ると満席で立っている人も多数いた。すると係の人が、「空いてる席、ご案内致します」と案内してもらい着席した。どこの株主総会もそうだが周りを見渡すと、おじさん・おばさんだらけ。平日にやるから現役で働いている人は、なかなか来れないもんね。

やっぱり出た!プリウスの・・・

予定通り、10:00開始。議長(社長)の挨拶が有り、監査・事業内容の報告といつも通り進行していった。

そして、株主総会のメインイベント質疑応答コーナー。

いきなり来ました、この質問。

株主・ここ最近、高齢者の交通事故が増えているのをニュースで見るが、車を見るとプリウスが多い。運転する人の問題だと思うが、プリウスに問題は無いのか?また、何かあった時に車が安全に止まれるなどの安全技術はどこまで進んでいるのか?

来ましたね~この質問!間違えなく100%出ると思った。

他の株主もマスコミ関係者も「待ってました!」って感じだろうね。

それに対してトヨタの回答は、まず社長から哀悼のお言葉が有り、吉田副社長より回答があった。

吉田副社長・死傷者ゼロがトヨタの目標だが、まだ道半ば。安全・安心を第一に厳しい基準・評価をして世の中に販売している。事故については、警察の捜査にも全面協力している。また、大変多くのお客様にプリウスをご愛顧頂いているので事故で目立ってしまう。

安全技術は、まず道で歩行者・自転車を検知して危険と判断したら自動でブレーキがかかる。静止物に対して、アクセルとブレーキを踏み間違えたり、アクセルを踏みすぎたりして危険と判断したら自動でブレーキがかかるなどの対策をしている。その効果も出ていて事故も減ってきてるが、実際に起きている事故はこのような安全技術が付いていない車が多い。踏み間違い防止の装置が後付け出来る対応車種を年内に拡大する。

 

まあ、販売台数が多ければ多いほど、何かあれば目立つもんね。それにしても、物の見事にプリウスの事故多いわ!プリウス自体に問題は無いと思うけど、あそこまで多いと「何かあるんじゃないか?」と思ってしまうのも分からないでもない。

とうとう、プリウスミサイル・ロケットなんて言葉が出来てしまった。

でもね、確かにプリウスは年配の人が結構運転していて、あんまり若い人で見ない。だってなんやかんやで300万円オーバーの車だからね。そりゃ若い人買えないよ。

そうなると、プリウス=高齢者が乗る車というイメージが付くと、ますます若い人は買わないし、ましてやプリウスミサイル・ロケットなんて言われる車なんか乗りたくないわな。

イメージ、印象は大事だからね。それにしても、プリウスちゃんかわいそう。何も悪いことしてないのにね(T_T)

私は、プリウスのシフトレバーの機構に問題があるのではないか?と思う。

でもね、ここ最近高齢者の交通事故ばかり取り上げているけど、たしかに高齢になると判断能力が低下して事故を起こす確率は高くなるけど、若い人も中年の人だって事故を起こしているし、少なくはないと思うよ。車を運転する人みんなの問題だと思う。

だから、私を含めて「みなさん安全運転に心がけましょう。」

その対策として、お金は掛かるが安全装備の付いた最新の車に乗り換えるのも一つだと思う。無いより有った方がいいもんね。なんか心配になってきた。車変えようかしら・・・。

他の株主からの質問は?

株主・2018年の国内新車販売台数で1~10位の内、軽自動車が7車種も入っているが社長はどう思うか?

社長・人口の減少、車離れ、地方など軽自動車がにライフラインになっているのは確か。もっと普通車が優位になるよう、もっと働きかけをして100ccずつ変える税制など、まだまだだが求めやすい環境づくりをしなければならない。

 

株主・電動化について遅れているのでは?特に電気自動車の出遅れが心配。

寺師副社長・決して遅れている訳ではない。まずは、普及することが先。

 

株主・KINTO(キント)は現在、関東のみだが・・・。

担当役員・今後、車種も増やして全国展開の予定。

 

その他の質問は

「社長のファンです」とか「プリウスの調子が悪い」などの株主総会に関係ない質問などがあった。

 

約2時間ほどで無事終了。

今年も、株主総会あるある風景が

株主総会が終わって帰ろうとしたら、おばちゃんが係の人に

「朝、早く来たのになんで第3会場なのよ!どうなってるのよ!」

と文句を言っている。

隣でも、違うおばちゃんが

「いつもは第1会場なのに、なんで今回は第3会場なんですか!納得出来ません。説明してください!」

という株主総会が終わってからの株主からの文句。恒例の株主総会あるある風景が今回も見られました。実は、株主総会が終わってからの対応が一番大変かもしれない。

やっぱり歳を取ると、わがままで頑固で短気で怒りっぽくなるんだよね。自分は、そうならないよう気を付けよ。

気になる配当金、お土産は・・・。

2019年3月期の連結決算は、30兆2256億円。日本企業として初めての30兆円越を達成。営業利益は2兆4675億円。グループの世界販売台数1060万台。すべて前期比増。

普通株式・中間配当金100円+期末配当金120円=年間配当金220円

AA型種類株式・中間配当金105円50銭+期末配当金105円50銭=年間配当金211円

お土産は、GRセンチュリーの模型。どうやらトヨタは、議決権行使書の枚数分(本人じゃなくても)お土産を貰える見たい。1人で何個も貰って大きな紙袋を持っていた。

メルカリで売れるね(*^^)v

会場の外に、GRセンチュリーを展示

第1会場の外に、GRセンチュリー・スープラが展示してあった。

ナンバープレートの18-67はトヨタグループの創始者、豊田佐吉の生まれた年。

日頃の社長と副社長の移動車だそう。

17年ぶりの復活!新型スープラ。

今回は、トヨタとBMWの業務提携で復活。BMW・Z4と兄弟車。

RAV4といい、復活が続くね。ボディーカラーは24台限定の「マットストームグレーメタリック」

プラットフォーム・パワートレーンはBMWと共通。生産は、オーストリアのマグナ・シュタイヤーに生産委託。

5代目スープラ(左)と4代目スープラ(右)

ここ最近、世界的に復活しつつある直6エンジンもBMW製で搭載。

出来れば、すべてトヨタで開発・生産して欲しかったかな? TNGAや直6エンジンの技術もあるのに・・・。

オムロン・株主総会行ってきました。6月18日京都まで、オムロンの株主総会に行ってきた。 京都って、意外に大手の本社があるのよね。 京セラ・日本電産・村...
株主総会・東京編 第1弾6月21日 東京へ株主総会に行ってきた。 名古屋6:46 こだま630号 品川9:19到着 品川駅から、山手線...
株主総会・東京編 第2弾 1日目株主総会・東京編 第2弾の1日目。 今回は、6月26・27日と久しぶりの1泊2日の東京だ。 名古屋6:46 こだま630号 ...
株主総会・東京編 第2弾 2日目株主総会・東京編 第2弾の2日目。 2日目最初の株主総会は、ユニデンホールディングス。主に無線機を開発・製造している。最近は、不動...